小野学園女子中学・高等学校

トップページ > 学校の特色 > クラブ活動

クラブ活動

クラブ活動は、学業とともに人格の向上と将来有為な社会人として活躍する基礎の力を築くため、また、充実した学校生活を形成するために大きな役割を果たしています。
小野学園には16の文化クラブ、6つの運動部、3つの同好会、3つの課外レッスンがあります。活動曜日を選択すれば、兼部も可能です。自分にあったクラブ活動を見つけてください。

運動部 〜部活名をクリックすると「部室へようこそ」のブログが見られます〜

バレーボール部
バレーボールの経験者でなくても楽しく練習でき上達します。練習した成果を出し、公式戦で一つでも多く勝てるように日々練習しています。
バレーボール部
バスケットボール大好き人間の集まりです。プレイスタイルは堅守速攻をベースに、考えながらプレイを展開するシステマチックなバスケットボールを目指しています。 一人ひとりfor the teamの精神を持ち、切磋琢磨している熱いクラブです。

硬式テニス部
天然芝の鮮やかな緑の中で、中高生が一緒にテニスに励んでいます。競技力向上はもちろん、生涯スポーツとしてもテニスの楽しさを学びます。また、テニスを通じてフェアプレー精神や継続することの大切さ、感謝の心などを学ぶための場ともなっています。
水泳部
25Mがやっと泳げる部員から、関東大会出場の部員まで、幅広いレベルの部員が集まっている部活動です。
年間を通じて使用できる室内プールにおいて、 全国大会・関東大会出場という高い目標を掲げ、日々練習を重ねています。
水泳が大好きな生徒ばかりで、楽しみながらレベルアップを図っています。

バドミントン部
「一戦必勝」を掲げて、練習中も試合に勝つことを意識して励んでいます。団体戦は、チーム一丸となって戦いますので、チーム全体としても勝つための方法を常に模索しています。勝った時の喜びと負けた時の悔しさを大切にして活動しています。
コートの中ではよきライバル、コートの外では笑いの絶えない仲間たちです。
ホッケー部
ホッケーは、小野学園の「校技」と言ってもよいくらいの競技で、ホッケー部は、60年の伝統があります。1チーム11人で独持のスティックを使いボールをコントロールし、サッカーより少し狭いフィールドで得点を競うスポーツです。
基礎から実践まで幅広い練習をし、着実に力をつけていきます。

文化クラブ 〜部活名をクリックすると「部室へようこそ」のブログが見られます〜

化学クラブ
化学クラブは部員各々が化学実験に関するテーマを持ち、外部発表を目標に活動しています。学会発表のほかにも文化祭において実験教室を実施しています。
生態環境調査クラブ
生態環境調査クラブは、ケヅメリクガメ、ウサギ、フクロモモンガ、金魚、ゲンジボタルなどを校内で飼育しています。毎日、昼休みに各動物へのえさやりや観察を行い触れ合っています。また、大井町自然再生観察園でのゲンジボタルの状況や水生生物、植物などの生態環境調査を定期的に実施するなど、動物の好きな人が集まり、いろいろな生物の生態について学んでいるクラブです。

ロボット物理クラブ
ロボット物理クラブ
ロボット物理クラブは『車のかたちをしたロボット』や『レゴのロボット』を使ってロボットを動かし、プログラミングを学んでいます。また、文化祭では自分たちでロボットを作って、展示をします。
バルーンアート・ハンドクラフトクラブは、もの作りの好きな人達が集まる部活です。 バルーンアートでは、プロの方たちを対象にしたコンテストJBANの会場に参加させて頂いています。
地域のお祭りの飾りつけなど、活動を広げ楽しく明るい部活動です。

吹奏楽部
コンクール出場と、年間を通じての校内外のイベント演奏がおもな活動です。ひとつひとつの音作りを大切にし、「吹いて・奏でて・楽しい=吹奏楽」を目標に日々練習に励んでいます。長い時間をともに過ごした仲間との絆は卒業後も続いていきます。
東京都高等学校吹奏楽コンクール H28年度銀賞
生態環境調査クラブ
英語でおり紙が教えられるように、様々な折り方を習得し、国際イベントなどに参加しています。聖パトリックの東京パレードに参加したり、ニュージーランドから来た留学生に折り紙を教えたりするなど、国際交流も積極的にしています。おり紙を教えることによって、日本の文化を伝えることも出来ますが、コミュニケーションをとることもできます。今後もおりがみをベースに国際色豊かな活動をしていきたいと思います。

インターアクトクラブ
インターアクトクラブは、奉仕活動と国際理解を目的としたクラブです。週1回の高齢者施設における清掃活動やあしなが学生募金への参加、志ら梅祭での赤い羽根共同募金の呼びかけなどを行っています。
身近な所から世界に貢献できるような幅広い活動を目標としています。
コンピュータクラブ
コンピュータクラブでは、部員の「やりたい」を大事にし、学校新聞作成やゲーム作成、ワードやエクセルなどのパソコンソフトの技術習得等、様々な活動を行っております。また、情報処理の検定取得にも力を入れていて、現在では部員の多くが何かしらの資格を取得しています。

書道クラブ
5、6月は、高野山教書大会、全国書写書道展に出品いたしました。 さまざまな書体の基礎から学んでいる最中ですが、最近は自分の好きな作風や書体というのが各々でてきて、 楽しく日々学んでいます。10月の白ら梅祭に向けて各々作品つくりに頑張っています。
文芸クラブ
テーマを決め、物語等の創作をしています。同じテーマでもそれぞれ発想の異なる作品ができるので、楽しくお互いの作品を読み比べています。自分で作った物語にイラストをつけ、豆本を制作することもあります。
創作活動の幅を広げるため、文学館の見学や読書会、ビブリオバトルなども行っています。

イラストクラブ
イラストの基礎を学び合い、自由作品やテーマ別の作品の作成をしています。
志ら梅祭や行事などで部誌の発行をしたり、共同作品も制作しています。
また、部員同士でグリーティングカードなどの交換会などを行ったり、絵本の作成や漫画などストーリー性のあるものにも挑戦しています。
ガーデニングクラブ
噴水まわりの草花の手入れや野菜の栽培などを行っています。ハーブ石けん作りやクリスマスリース作りなど、季節に合わせたクラフトにも取り組んでいます。さらに、昨年は、「世界らん展-蘭の花を育てる運動-」に初めて参加し、数ヶ月かけて世話をした蘭を観察記録とともに出品しました。部員たちの興味に即して活動の幅を広げています。

演劇クラブ
志ら梅祭、東京都高等学校演劇部門山手城南地区大会での発表などを目標に、週に1回~2回活動しています(公演直前や長期休暇中は増えます)。 通常は基礎練習(発声やゲーム形式の演技練習)と公演練習(読み合わせ、場面練習など)に取り組み、互いに意見を出し合いながら演目の完成を目指します。平成28年度は夏休みに2泊3日の合宿を行いました。公演に向けて部員が一丸となって練習に励んでいます。
美術クラブ
素描や油彩、デザイン画などの技法の基礎を学び、表現力や技術力を高めます。制作した作品は、志ら梅祭の展示や全日本学生美術展等コンクールで発表を行います。また、想像力を広げ、平面作品だけでなく粘土や木材といった素材を用い、立体作品等様々な分野に挑戦していきます。

お菓子作りクラブ
自分達で作りたいお菓子を決め、レシピを作成し、班に分かれて実習を行います。学年を越えて皆和気あいあいと楽しく作っています。 志ら梅祭では毎年クッキーの販売をしており、好評を頂いております。
定番のプレーンとチョコチップを毎年作っていますが、チョコチップは大人気で早々売り切れてしまうほどです。
文化祭にお越しの際はぜひお召し上がり下さい。
写真クラブ
部員各自の撮影技術の向上を目的に活動しています。 校外での撮影ができるよう、活動日は土曜日です。
そのため、頻繁に校外で撮影会を行っています。他に講評会や様々なコンクールへの応募を行っています。
志ら梅祭では生徒の作品の展示とポストカードの販売を行っています。

放送クラブ
演劇クラブ
校内放送を基本として体育祭、文化祭など様々な行事などでの活動を視野に入れて活動しています。 また、活動を通じて放送におけるアナウンス技術、音響技術などの向上を目指しており、そのために校外での活動としてコンテストなどの大会にも参加をしています。

同好会

ダンス同好会
化学クラブ
ヒップホップを中心にさまざまなジャンルのダンスを踊ります。練習内容は、ストレッチ、アイソレーション、リズム取り、基礎のステップの練習や筋トレ、志ら梅祭などの校内での発表や校外のコンクールでの発表曲の練習です。初心者も多く、技術的にはまだまだですが、部員一丸となって楽しく一生懸命に練習に励んでいます。文化祭にはぜひ見に来てくださいね。
音楽同好会
生態環境調査クラブ
合唱を中心に、音楽劇やハンドベル、少人数でのアンサンブル演奏に取り組んでいます。練習では、発声、音とりのほか、声を重ねる練習としてたくさんのレパートリーを繰り返し歌っていきます。また、文化祭での発表にむけて、一年で1曲、音楽劇を作っていきます。音楽や舞台に興味のある方は、ぜひ練習を見に来てくださいね。

英語同好会
ロボット物理クラブ
ネイティブの先生を講師に、ゲームや映画鑑賞、音楽鑑賞など、さまざまなアクティビティーを通して英語を楽しく学んでいます。英語力は問いません。英語が好きな人、外国に興味のある人が集まり、学年を超えて和気あいあいと活動しています。部員達は活動日をいつも楽しみにしています。


課外クラブ〜課外クラブ名をクリックすると各クラブのブログが見られます〜

バレーボール部
教室とは異なる和室での作法は、珍しい所作が多くあります。
春夏秋冬に咲く花も入れ季節や行事に合わせた茶道具等を拝見したり、お菓子・抹茶のいただき方に緊張感はありますが、茶筅を手にし、一盌(わん)の抹茶を点てる頃には、リラックスしてくる様子です。
茶道は特別なものでなく挨拶、言葉遣い等、生活の中のひとこまと思います。
バレーボール部
安達流は、植物を大切にする流派です。週1回、年24回花を生けています。
日本の四季ごとの行事、新春、ひな祭、子供の日等をそれぞれの花材で表現したり、文化祭では先生の指導の下、1人1人ユニークで違った花器を使い、自分の感性や実力で作品を創作します。
活けることは、美の心を持ち日本の伝統をつないでいく心と共に、思いのまま気楽に花を活ける楽しさ、心安らぐ一時だと思います。

硬式テニス部
1回30分のレッスンを年間24回行なっています。一人ひとりのレベルや好みによって課題はことなりますが、 全員が様々な時代(バロック・古典派・ロマン派・近現代)の様々な国の作曲家・作品を学んでいます。