小野学園女子中学・高等学校

沿革

1932年 生活に必要な力と実社会で必要な力を持った自立した女性を育成することを目指し、
京南家政女学校を創立。
創立者・理事長 小野安之助、学校長 小野進子(品川区 大井町倉田)。
1938年 大井高等家政女学校設立。
1946年 大井高等女学校設立。
1947年 現在の校舎に移転(品川区、西大井) 大井中学校設立。
1948年 大井女子高等学校設立。
1957年 小野学園女子高等学校、女子中学校へ校名変更。
1984年 パーソナルコンピュータ教室設置し、「情報処理」の授業開始。
1985年 英語教育の充実を図り、LL教室設置。
1999年 大学進学を目指す特別進学クラス設置。
2001年 ニュージーランドホームステイプログラム始まる。
2002年 新校舎完成
ブリティッシュヒルズ英語研修開始。
2005年 大学と連携した理科実験特別授業(SPP)開始。
幼稚園の先生体験ができる「幼稚園ボランティア」開始。
2007年 学校長に小野時英就任。小野学園女子中学・高等学校へ校名変更。
「どっちもできる育成」というビジョンを掲げ、
社会でも家庭でもどちらでも活躍できる女性の育成を目指す。
高等学校に私立文系大学進学を目指すⅠ類コースと国公立理系文系大学進学、
私立理系大学進学を目指すⅡ類コースを設置。
学習習慣強化プログラムなどが開始。
質問ができる部屋Q&Aroom設置。
コーチング面談開始。
山中湖イングリッシュサマーキャンプ始まる。
制服のデザイン変更(幾田桃子デザイン)。
2008年 サイエンスラボラトリー(選択授業)を開始。
図書室に新書6000冊を含む18000冊の本を増冊。
予習授業連動型学習習慣強化プログラム開始。
2009年 環境を考える教育のためにホタル自生研究が始まり、ホタル自生研究室設置。
校庭を全面芝生化する。
2010年 ネイティブの教員との英会話のレッスン室 イングリッシュアフタヌーンティーサロン開
設。 サイエンスデーでのロボットプログラム開始。同時にロボット研究室開設。
2011年 都市緑化復元計画「中学生が作る大井町自然再生観察園」が、「緑の環境デザイン
賞」で国土交通大臣賞を受賞。

2012年

ホタルプロジェクトにより、ホタルが舞い飛ぶ公園「大井町自然再生観察園」完成。
創立80周年記念式典挙行。