小野学園女子中学・高等学校

トップページ > 進学実績

進学実績

国公立大学

横浜国立大学 理工学部 (建築都市・環境系学科)
鳥取環境大学 環境学部 (環境学科)
島根大学   総合理工学部 (物質科学科)

G-MARCH

中央大学 総合政策学部 (政策科学科)
青山学院大学 文学部 (比較芸術学科)
青山学院大学 経済学部 (現代経済デザイン学科)
青山学院大学 社会情報学部 (社会情報学科)
学習院大学 文学部 (哲学科)
明治大学 理学部 (数学科)
法政大学 デザイン工学部 (建築学科)
法政大学 人間環境学部 (人間環境学科)
立教大学 コミュニティ福祉学部  

 

私立大学

國學院大學 文学部
東京女子大学 現代教養学部
芝浦工業大学 工学部
明治学院大学 経済学部
日本獣医生命科学大学 応用生命学部
日本大学 生物資源学部
日本大学 文理学部
日本大学 理工学部
日本大学 国際関係学部
専修大学 経営学部
大妻女子大学 家政学部
大妻女子大学 人間関係学部
大妻女子大学 比較文化学部
二松學舍大学 文学部
多摩美術大学 美術学部
東京医療保健大学 医療保健学部
神奈川大学 外国語学部
神奈川大学 人間科学部
神奈川大学 理学部
神奈川大学 経済学部
神奈川大学 法学部
神奈川大学 工学部
桜美林大学 ビジネスマネジメント学群
桜美林大学 リベラルアーツ学群
女子美術大学 芸術学部
帝京科学大学 こども学部
湘南医療大学 保健医療学部
日本女子大学 理学部
日本女子大学 人間社会学部
立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部
成蹊大学 法学部
東京農業大学 農学部
東洋大学 国際地域学部
東洋大学 経済学部
駒澤大学 グローバル・メディア・スタディーズ学部
駒澤大学 経営学部
立正大学 法学部
共立女子大学 家政学部
共立女子大学 文芸学部
共立女子大学 看護学部
武蔵野美術大学 造形学部
武蔵野大学 人間科学部(特待)
昭和女子大学 人間文化学部
東京工科大学 応用生物学部
明治薬科大学 薬学部
北里大学 獣医学部
北里大学 海洋生命科学部
跡見学園女子大学 文学部
横浜薬科大学 薬学部
帝京平成大学 薬学部
横浜創英大学 子ども教育学部
神奈川工科大学 応用バイオ科学部
神奈川工科大学 看護学部

受験指導

8年前より継続して行っている「学習習慣強化プログラム」「ロールモデル講演」「大学模擬授業」「職業インタビュー」などの進路学習の結果、大学進学率は80%を越え、難関大学の合格率も10%を越えるようになってきました。さらに、本年度より、難関大学合格率30%以上を目標に受験指導部を立ち上げ、学習支援センターを新設しました。

7・8時間目の講習授業

授業に加えて更に発展的な内容を提供しています。この講習は放課後の時間を利用したものと、夏期・冬期・春期の長期休業を利用して実施しています。
高校生の放課後の講習は90分1コマで実施することにより、大学入試を意識した時間設定で行っていま
す。この90分では講義を聞いて演習をすることに加えて、解答に至る様々なディスカッションを行い、説明する経験をすることで、答案の記述力育成も図ります。

〈講習時間割〉
  月曜 火曜 木曜 金曜
7コマ目
15:40〜17:10
6年日本史 6年現代文 6年現代文 6年日本史
志賀 西山 西山 志賀
6年世界史   6年物理 6年世界史
千葉 永井 千葉
6年数学ⅢC 6年化学 6年ⅠⅡAB
戸塚 宮下 田中(秀)
8コマ目
17:20〜18:50
6年英語 6年古典 6年英語 6年古典
田中(幸)
野田 田中(幸) 野田 6年物理
永井
  6年数学ⅢC   6年生物
岡崎
戸塚 6年看護系生物
 
宮下

学習支援センター

2013年7月、新たに3つの教育施設をワンフロアに統合した学習支援センターが完成。36の個人ブースで自学自習ができる「セルフラーニングルーム」、グループ学習や質問対応などに活用できる多目的スペースの「チームラーニングルーム」、41台の最新PCを備えた情報教育の拠点となる「マルチメディアルーム」が新規に開設されました。

<セルフラーニングルーム>

今までの自習室は、高校生の利用が中心でしたが、中学生用の教材も新しく整え、中学生の利用もはかっています。
自分で計画をたて、自主的に勉強するという姿勢を広めるためです。また、高校生が真剣に勉強している姿を見るのは、中学生にとっても大いに刺激になります。
ここでは何をしなさい、という強制的な学習方法はとっていません。与えられることに慣れてほしくないからです。
教員は基本的に、外から見守っています。手取り足取りではなく、自分で必要なものを考えて勉強をする習慣をつけてほしいのです。

セルフラーニングルーム

セルフラーニングルーム


<チームラーニングルーム>

受験指導部では、グループ学習に注力しています。模試の問題・過去問などをグループで話し合い教え合いながら学習するように指導しています。
そのための教室が、チームラーニングルームです。
アメリカの研究所で開発されたもので、知識や記憶の定着率を数字で表したラーニングピラミッドというものがあります。
それによると、グループ討論や教え合いなどのグループ学習が、大きな効果を上げているところから、この学習法を推奨しています。
個人戦と考えられがちな大学受験ですが、団体戦と考えて取り組むと大きな効果があるのです。
グループ学習は、5年生、6年生を対象に大学受験に向けた放課後90分、25コマの講習(1週間あたり)でも取り入れています。
90分の授業の中で、先生の講義の時間が45分、生徒が意見を出し合い、チームでお互いの良さを引き出しながら学習するグループ学習の時間を45分と設定しています。
お互いに切磋琢磨し、刺激し合い、協力し合って学習することが大切なのです。

チームラーニングルーム

チームラーニングルーム


<マルチメディアルーム>

この部屋は最新のPCを用いての調べ学習で活用しています。
高校3年生は志望理由書を作成するにあたって、大学のことを調べながら、その場で文章を作る、それを担当の先生が指導する、ということも行っているため、生徒たちにとってもスムーズにエントリーが出来るようにしています。

マルチメディアルーム

マルチメディアルーム


        
       
<サポートルーム>

難関大学に合格するためには、受験生一人一人が、自分の学習における強み、弱みを把握し、自分の目標や学力に合った学習を自主的にしていくことが必要です。
そのためサポートルームには、目標や学力にあった教材を用意してあります。
また希望大学に合わせた情報提供や質問に答えるために、受験指導部の教員が、19時まで常駐しています。受験生一人一人の目標が最大限に達成できるように教育環境を整えました。
生徒はセルフラーニングルームに入室する前にサポートルームで教員と簡単な面談をします。
模試の結果や講習のすすみ具合を勘案して、受験指導部の先生と相談しながら学習計画をたて、それに沿った教材を選びます。学習レベルや単元毎に分かれた教材で学習することで、効率的に強みを伸ばし、弱点を克服していくのです。

模擬試験

1年〜5年生は年に4回、6年生は最大7回の模擬試験を実施することで、定期的な実力の伸長具合を測ることが出来ます。
それまでの授業の理解度や定着度,記述力がどれだけ身についているかを、受験指導に携わる教員全員が生徒一人一人の状況を正確に把握します。

模試分析

受験指導部では通常返却されるまで1ヶ月程度かかる模試の結果を独自に、採点することで最短で即日に答案を返却しています。それにより、生徒は自分の強みを伸ばし、弱点を克服するための計画を立案し、すぐに実行できるのです。

進路指導

夢の実現へのステップ(進路指導のロードマップ)

夢の実現へのステップ 企業研究 職業インタビュー 大学教授による授業 自分史 ロールモデル講演 オープンキャンパス参加 適正検査 コーチング面談

夢を実現させるには、持続的なモチベーションと実際に夢をかなえるための方法と実行力が必要です。
こうした力を養うために、ロールモデル講演、大学教授による模擬授業、オープンキャンパス参加、 適性検査とコーチング面談などを6年間を通して実践するのが、本校の進路指導です。

ロールモデル講演 卒業までに8人の女性と出会えます。(2年〜5年)

ロールモデル講演とは、社会で活躍している女性に来校していただき、自分の生き方について話をしてもらう会です。
年間2回、卒業までに8人の女性と出会える機会があるので、生徒が自分の目標となる女性に出会える機会になっています。

ロールモデル講演
ロールモデル講演


職 業 生徒のコメント(取り入れたい点)抜粋
薬剤師 今を大切に生きる/一生続けられる仕事につながる資格を取る
旅行会社 添乗員 目標を設定し努力する/今、怒られていることは社会に出て生きている。だから怒られても素直に受けとめる素直さを身につける
人事部 課長補佐 嫌なことがあっても前向きに頑張る/他人を支える優しさを持つ
コンピューター関係 SE いつでもプラス思考/他人がやらないことをやってみる
出版社 編集者 頑張りすぎないことも大切(時には限界があることも知る)/やってゼロになることはないから、いろいろなことにチャレンジする
アシスタント・プロデューサー 頼まれたこと以上のことをする(1を聞いて10を行動する)/熱中してものごとに取り組む

大学模擬授業 目標の大学を見つけました(4年・5年)

大学の学部、学科を実感することを目標とします。年間で12講座実施し、4・5年生が希望の講座を聴講します。
大学で学ぶ最先端の授業を高校生でもわかるようにかみ砕いて教えてくださいます。
また自分が持っていた学部のイメージと実際の授業を比較することで、自分の夢の実現にまた一歩近づくことができます。
そして、毎回授業の前に教授から興味深い課題が用意されており、これに取り組むことによって、いっそう大学模擬授業を楽しむことができます。

大学模擬授業
大学模擬授業


大学・学部 教授名 内 容
東京理科大学 理工学部 伊藤 稔 教授 数の不思議な世界 〜占いと数学〜
立教大学 理学部 上田 恵介 教授 生物の多様性 〜なぜこんなにも生物の種類は多いのか〜
東洋英和女学院大学 人間科学部 山下 久美 准教授 保育活動って,何をすること?
東京女子大学 現代教養学部 今井 久代 准教授 『竹取物語』-【昔話】から「文学」へ
日本女子大学 理学部 市川 さおり 講師 アレルゲンの不思議 〜アレルゲン蛋白質の形と働き〜
実践女子大学 文学部 志渡岡 理恵 講師 イザベラ・バードの旅行記
女子栄養大学 勝山 登美子 講師 高校生の正しいダイエット・危険なダイエット
東京都市大学 環境情報学部 岡部 大介 講師 デザイン心理学
女子美術大学 芸術学部 内山 博子 教授 メディア表現
東洋大学 経済学部 川野 祐司 准教授 経済学部で何を学ぶか
東京女子体育大学 長谷川 洋子 教授 コーディネーショントレーニング
神奈川大学 法学部 川瀬 博 教授 アメニティについて考える

自分史(1年)

自分史作成
自分史作成

生徒は、「親から見て自分はどのような人間か」を保護者にインタビューします。そして、親から見た自分像を知ることによって、今まで気づかなかった新たな自分を発見することができます。これらをレポートにまとめ、発表します。

職業インタビュー(2年)

社会人の方にアポイントメントをとり職場にうかがいます。 1対1でインタビューを行い、今どんな仕事をしているか、どうやってその仕事に就いたか、将来の夢等を質問し、仕事のやりがいやその方の生き方や大切にしている考えを新聞形式にまとめ、発表します。

職業インタビュー インタビュー記事 インタビュー記事
クリックすると大きくなります

企業研究(3年)

3年生では「社会を知る・社会とかかわる」を目的として企業研究を行います。
その企業がどんな理由で生まれたのか、どのように私たちとかかわっているかを事前に調べて、実際に企業を訪問し、お話を伺います。
そしてその結果をレポートにまとめます。
平成25年度は、「コクヨ」を見学し、最新のオフィス空間を見学させていただき、「企業が大切にしているものは何か」、「企業で働くことはどのようなことか」を学びました。

平成25年度の企業研究ではコクヨを見学させていただきました
平成25年度の企業研究ではコクヨを見学させていただきました

オープンキャンパス参加(4・5年)

志望する大学や適性や、興味のある学部・学科を理解するために、適性検査の振り返りをした後の夏期休業中に実施します。
そこで得た情報は、生徒全員に共有されます。大学を実際に見ることにより、大学進学に向けたモチベーションも高まります。

Step1 オープンキャンパス参加

4年生は適性のある学部・学科の設置してある大学と希望する学部・学科の設置してある大学から各1校を選択
5年生は適性のある学部・学科の設置してある大学、希望する学部・学科の設置してある大学から2校以上を選択

Step2

調べてきた内容を「オープンキャンパスシート」に記入し、夏期休業明けに、教室前に掲示

Step3

掲示してある「オープンキャンパスシート」をみて、 興味を持った大学・学部・学科をチェックシートでチェックする。

オープンキャンパスシート

模試分析(1年〜6年)

1〜5年生では、ベネッセコーポレーションによる模試を実施しています。 これによって6年間を通して同じ模試を実施することになり、成績推移を長期的にリサーチできるだけでなく、低学年から進路の目標を立てていくことが可能です。
また、模試の成績管理・分析には、ファインシステムを導入しておりますので、保護者会資料などでは、わかりやすい資料をご提供しています。

模試分析

適性検査(1年〜5年)

自分の適性を理解し、幅広く学部・学科の情報を得ることと、興味をもった学部・学科について どのようなことを学ぶかを深く理解することを目的に1学期の中間試験後に実施しています。

学年 実施検査 特 色
1・2年 KA教育 「エゴグラム診断」 長所や短所がわかる
3年 ベネッセ「進路アドバイスシステム」
職業・学問編
  1. 職業・学問研究が可能。進路の動機付けになる
  2. 複数の職業の適性を診断し、視野が広がる
4年 ベネッセ「進路アドバイスシステム」
学部・学科編
  1. 学部・学科研究に向けた取り組み方法を、希望と適性に応じてアドバイスできる
  2. 「学問をとおして社会とどう関わるか」という観点から適性が診断される

また1学期実力テスト終了後に、自分の長所を把握し、将来の進路を考え、明確にするために振り返りを行います。

エゴグラム診断