小野学園女子中学・高等学校

トップページ > 学校の特色 > 学校長挨拶
本学園は2020年度より「品川翔英中学校」「品川翔英高等学校」となり、意欲にあふれる男女が集う学園として生まれ変わります。小野学園は1932年の創立以来、80年有余に亘って、品川の地にて、幼児・児童及び女子中高校生の教育に邁進してまいりました。この間、社会における女性の活躍に道を拓くためにたゆまぬ歩みを続け、
少なからず社会に貢献してきたと自負しております。しかしながら、近年のグローバル化の進行とともに社会が急速に変化を遂げ、私たちの社会的役割、特に男女の地位や役割が大きく変貌しております。かかる状況に深く思いをいたし、本学園が教育機関として一層の社会的役割を担うとともに、来るべき時代の要請に応えうる有為な人材を世の中に送り出し続けることを強く願って、2020年度より中学校、高等学校を共学化することといたしました。これに伴い、校名、校訓、教育目標、校歌、制服等も一新し、より広く世界に目を向けるとともに、より充実した教育課程による授業を行ってまいります。本学の新たな取り組みに対しまして皆様の更なるご支援とご理解を賜りますようお願い申し上げます。