小野学園女子中学・高等学校

トップページ > 学校の特色 > 教育理念

教育理念

小野学園の教育のねらい

どっちもできる育成 / 社会で生きる。家庭で生きる。両方で生きる。どれでも選べる自由なチカラを育てます。

小野学園が創立以来大切にしてきた言葉

清く 正しく 美しく

次代を担う実力と志をもった「自立した女性を育てる」

校長 小野時英

   人は誰でも、何らかの使命と存在意義を携えてこの世に生まれてきた奇跡の存在です。そして、科学技術の力と進歩によって日々変化していく世界の中で、女性がどのように生き、どのようにして社会と関わっていくのか、というテーマは人類的課題でもあります。こうした状況の中にあって、本校は80年有余の「女性教育の伝統」の上に、次代を支え、切り拓いていく実力と志をもった女性を育てるための取り組みを続けてまいりました。
   さらにここ数年は、自然と環境の調和・共生などを視野に置き、生徒たちの自主的な活動を促しながら「理数教育」にも力を注いでまいりました。その成果は今やゆるぎないものとして定着するに至っております。私たちはこれにとどまることなく、自らが主体的に考え、決断し、実行する力の養成を日々の教育活動の中心に据えて挑戦してまいります。You can get identity capital at Ono Gakuen! の旗印のもと、熱い挑戦の道のりを皆さんとともに歩んでいきたいと考えています。